教えて!ハナコさん

毎日の成長をサポートするブログ

夢、現実、揺れる心。【ジャーナリング】で心を整える方法。



みなさん、ごきげんよう!

情熱を燃やして目標を見つけたのに、いつの間にかその目標を忘れちゃうことってありませんか?そんなとき、自分にがっかりしちゃうこともあるかもしれません。

「努力が続かない」「有言実行できない」「怠けちゃう」なんて思っちゃうこともあるでしょう。でも、それは大きな勘違いなんです。

実は、行動が続かない理由は心の問題にあるんです。決して自分自身に問題があるわけじゃなくて、人間のデリケートな心の仕組みに原因があるんです。今回は、その心の声と向き合うためのとっておきの方法をお話ししようと思います。

先日、私のお友達のミケ君が相談に来ました。彼は勉強と自分の目標を両立するのに悩んでいて、少しストレスを感じているようでした。そこで、私は彼に「ジャーナリング」という方法を紹介しました。これは、ただ頭に浮かんだことを紙に書くだけのシンプルな方法ですが、驚くほど心が軽くなるんです。ミケ君の表情が少しずつ明るくなっていくのを見て、改めてその効果を実感しました。今日は、そんなジャーナリングの魅力を皆さんにお伝えします!

 

ミケの悩み

 

ミケ、最近どう?前回の慈悲の瞑想を続けてみたって言ってたよね。

はい、ハナコ先生!あれから毎晩寝る前にやってみたんです。最初は難しかったけど、だんだん心が落ち着くのが分かってきて、友達とも喧嘩する前よりも仲良くなれた気がします。

blog.meguminoyama.com

それは本当に素晴らしいね、ミケ!毎晩続けてるなんて、本当に頑張ったんだね。心が穏やかになってきたって聞いて、とても嬉しいよ。でも、最近何か他にも気になることはない?

ありがとうございます。でも、実は最近また悩みが出てきてしまって…。学校の勉強と自分の目標を両立するのが難しくて、ストレスが増えてきてるんです。

それは大変だね。両立は確かに難しいことだけど、ミケがそれを真剣に考えているのが素晴らしいよ。実は、私も学生の頃に同じような悩みを抱えていたことがあるんだ。その時に助けになったのがジャーナリングという方法なんだけど、聞いたことある?

ジャーナリングって何ですか?

 

ジャーナリングとは?

 

ジャーナリングは、頭に浮かんだことや感じたことを、そのまま紙に書き出す方法なんだ。例えば、勉強の悩みや目標への意気込み、ちょっとした不安なんかも、自由に書き綴るんだよ。この方法は、気持ちを整理するのに役立つし、自分の考えを明確にすることができるんだ。さらに、心のモヤモヤを取り払う効果もあるんだ。私も続けることで、頭の中がすっきりして、自然と前向きな気持ちになっていったんだよ。

それで気持ちが整理されるんですか?

そうなんだ。例えば、勉強のことや将来の計画について考えるとき、思いつくままにどんどん書き出すのがポイントなんだ。順序なんて気にしなくていいし、誰にも見せるわけじゃないから自由に書いていいんだよ。最初は半信半疑だったけど、続けるうちに自分の考えが整理されて、自然と新しいアイデアや解決策が見つかることもあるんだ。

 

ストレス軽減から目標達成まで:ジャーナリングの3大効果

 

 1.    ストレス軽減

ジャーナリングを通じて、日々のストレスや悩みを書き出すことで、頭の中が整理され、ストレスが軽減されます。

 2.    目標達成と自己成長

目標や計画を紙に書くことで、達成に向けた意識が高まり、行動が具体化します。自己成長のプロセスを記録することで、達成感やモチベーションが向上します。

 3.    感情の整理と心のモヤモヤ解消

日常の感情やモヤモヤを紙に書き出すことで、自分の感情を客観的に見つめ直し、心をスッキリさせる効果があります。

 

ジャーナリングの実践

 

それならやってみたいです。どうすればいいですか?

まずは紙とペンを用意してね。そして、リラックスするために深呼吸をしてみよう。次に、頭に浮かんだことをそのまま書いてみて。『勉強が大変だ』とか、『目標に向かって頑張りたいけどどうすればいいか分からない』とか、何でもいいんだよ。大切なのは、思ったことをそのまま書き出すことだからね。例えば、こういう感じで、自由に書いてみて。

わかりました。早速やってみます。

カキカキカキ‥‥‥‥‥‥‥‥‥カキ‥‥‥‥‥‥

ミケ、なかなか筆が進まないみたいだね。でも大丈夫。これは作文じゃないから、不格好な文章でもいいんだよ。誰かに見せるものでもないから、安心して思いついたままを書いてみて。頭に思い浮かんだことをどんどん書くのがポイントなんだよ。

わかりました。もう少し気楽にやってみます。

スラスラスラスラ‥‥スラスラスラ

 スラスラスラスラスラスラ

は〜‥‥書けました。あれ?気持ちが少し軽くなった気がします。書きながら思いついたのですが、毎日30分は読書と執筆の時間を確保するという計画を立てれば、作家になるための準備ができるかも。それと、勉強がうまくいかないと感じたけど、友達と勉強会を開くことでモチベーションが上がるかもしれないって‥‥‥こんな感じでうまくいくかもしれないヒントが浮かんだんですけど、これでいいんでしょうか?

それは本当に素晴らしい発見だね、ミケ!毎日30分の読書と執筆の時間を確保する計画は、作家になるための素晴らしいステップだし、友達と勉強会を開くことでモチベーションが上がるというのも素晴らしいアイデアだよ。自分で解決策を見つける力がついてきているんだね。とても誇りに思うよ!

ありがとうございます、ハナコ先生!これからも続けてみます。

応援してるよ、ミケ。これからも一緒に頑張ろう!

はい、頑張ります!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
ジャーナリングは心を整理し、前向きな気持ちを育てる効果的な方法です。ミケ君のように、毎日少しずつ続けることでその効果を実感できるでしょう。ここでは、ジャーナリングを続けるための秘訣を3つ紹介します。

 

 1.    時間やタイミングを決める

ジャーナリングを習慣化するためには、毎日同じ時間に行うのがおすすめです。例えば、朝食後や寝る前のリラックスタイムに組み込むことで、自然と続けやすくなります。また、あまり時間をかけずに5分から始めると負担が少なく、習慣化しやすいです。

 2.    テーマを決めずに自由に書く

最初は「何を書けばいいのかわからない」と思うかもしれませんが、思いつくままに自由に書くことが大切です。特にテーマを決めずに、その時々の感情や思考をありのままに書き出すことで、心のモヤモヤを解消しやすくなります。

 3.    振り返りを大切にする

ジャーナリングは書きっぱなしにせず、定期的に書いた内容を振り返ることも重要です。1ヶ月に一度、自分の書いたことを読み返してみると、新たな気づきや成長を実感できます。振り返ることで、自分の変化や進歩を客観的に確認でき、モチベーションの向上にもつながります。

 

これらのコツを取り入れて、ジャーナリングを続けてみてください。心が整理され、日々のストレスや不安が軽減されるのを実感できるでしょう。

 

最後に

 

皆さん、この記事を読んでくださってありがとうございます。ジャーナリングを始めることで、自分自身と向き合い、日々の生活をより豊かにする力を持っていることに気づいていただけたら嬉しいです。

私も最初は、ただ頭に浮かんだことを書くだけで本当に効果があるのか半信半疑でした。でも、続けるうちに心が整理され、前向きな気持ちになるのを実感しました。最初はたった5分でもいいんです。毎日少しずつ続けてみてください。

自分の心の声に耳を傾ける時間は、忙しい毎日の中でとても大切です。ジャーナリングを通じて、皆さんも新たな発見や成長を感じていただけると思います。

ぜひ、今夜から5分だけでも試してみてください。きっと心が軽くなり、新しい自分を見つける手助けになるはずです。

応援しています。一緒にこの素晴らしい習慣を始めましょう。皆さんの心が少しでも軽くなり、日々が楽しく豊かになることを願っています。

心を込めて。

ハナコ